鳥取市立病院

メッセージ

病院長メッセージ

病院長:大石 正博
出身大学:岡山大学
専門:外科

鳥取市立病院の病院理念は1.信頼される病院、2.心温まる病院、3.楽しく働ける病院です。この病院理念は故関場香病院長が掲げたもので、”楽しく働ける“を挙げている病院は珍しく、私もここを一番気に入っています。

当院は地域中核病院として急性期から慢性期までの医療を担っています。急性期医療としては二次救急を中心に、昨年度は年間約2,200件の救急車を受けいれ、年間3,900件の手術を行っています。また、地域医療支援病院に指定され、48床の地域包括ケア病棟を有し、慢性期医療も積極的に行っています。急性期の治す医療だけではなく、支える医療・介護も大切にするケアミックス病院です。病院のキャッチコピーは、”ひとと地域をケアで包む“鳥取市立病院で、ひとりの患者さんを急性期から慢性期まで永く診ることで、患者さんの社会的側面を考慮しながら全人的医療のできる医師の育成を目指しています。

当院の研修プログラムでは、1年目では主に麻酔科、総合診療科のスタッフが指導にあたります。Primary careが実践できる医師の育成を目指しており、primary careの特徴を表す5つの理念に基づいて指導を行います。5つの理念とは、近接性(安心して受診できるかかりやすさ)、包括性(すべての訴えや問題にも対応できる)、協調性(チーム医療を展開できる)、継続性(医療、福祉、介護、保健を提供し続けていくことができる)、責任性(充分な説明の中で受療者との意思疎通を行うことができる)です。

当院は大きくない研修病院ですが、そのかわりにすべての医師が集える医局サロンがあります。ここでみんなが昼食をとり、ときにはケータリングで歓送迎会も行っています。このサロンでは診療科の垣根をこえて症例の相談やカンファレンスが逐次行われており、当院のアットホームな雰囲気はこのサロンで醸成されたと思います。

サロンのある楽しく働ける病院で全人的医療を学びませんか?

研修医メッセージ

2年次研修医:濵﨑 彩
出身大学:藤田医科大学医学部

皆さんの中には医師という仕事への期待とともに、将来自分が医師として働くために何が必要であるか分からないと不安な方も多いのではないでしょうか。臨床でうまくいかなかったことを知り、次に生かすことは研修においてとても重要なことです。

当院の研修では疑問や困っていることを指導医だけでなく、他のスタッフに相談することで必要な知識やアドバイスをいただけることから、日々多くの学びを得ることができます。その要因として医師同士が診療科・立場の垣根を超えて相談し合える雰囲気であること、研修医の数が多くない分、医局の先生方をはじめとした職員の皆さんが全研修医のことを把握してくださり、研修中の診療科以外でも気にかけてもらえる環境にあることが挙げられます。また臨床での経験だけでなく、研修医同士でのPBL型の勉強会や講義など継続的に学習する機会があることも特徴です。

ぜひ一度見学に来て当院の雰囲気を体験してみてください。

研修医メッセージ

2年次研修医:上平 遼
出身大学:鳥取大学医学部

当院での研修は毎週テーマを決めて行われる講義形式のモーニングレクチャー、研修医同士でのPBL型の勉強会といった形で各科を回っている期間にも、継続した学習をする場があります。まずは大学で学んできた知識を臨床に適応させようとしたときに生じる齟齬、何がうまく行かないかを知ることが研修のはじまりです。研修医としての先輩や指導医に限らず、院内の様々な場面で疑問をぶつけることで時にはその場で小さなレクチャーが始まり、さっと資料を与えてもらえることもあります。学生の間は自分が医師として在るために何が必要なのか分からない、漠然とした不安を持っている方は多いと思います。ここでは自分の不明を明らかにして、それを同期の研修医と共有し、またどのように学んでいくか、様々なtipsを得る形があります。


初期臨床研修を市中病院で行いたいと考えている5,6年生の皆さん、ぜひ一度見学に来てこの雰囲気を感じていただけたらと思います。

研修医メッセージ

当院のホームページもご覧ください。

先輩の声

2年間を振り返って ~令和2年3月修了初期臨床研修医座談会~

臨床研修を修了された先輩の声

 

鳥取県臨床研修指定病院協議会
〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220 (鳥取県福祉保健部健康医療局医療政策課内) TEL: 0857-26-7195 / FAX:0857-21-3048